メイン画像

メイン画像

二日酔いを防止するには

最近、夕方になるとコンビニでウコンの力やヘパリーゼ買う人を良く見かけます。二日酔いしない様に、宴会前に飲んでおこうという事でしょうか?

確かに肝臓の機能をサポートする効果はあるのですが。。。。。。。
ウコンの力やヘパリーゼ飲んでも二日酔いしたという経験や話を聞いた事有りませんか?

このサイトではその理由と、私が飲んでいる二日酔い予防サプリのご説明をします。

早速ですが
二日酔いを予防したいならウコンとかではなくズバリ

Nアセチルシステインという成分配合のサプリメントです。

私が愛用しているのがコレ

Nアセチルシステイン

https://bandh-r.org/su-dc-nac-h.html

ダイレクトに二日酔いの原因である毒素「アセトアルデヒド」を分解してくれます

主要成分はシステインです

でもシステインには2種類あります

Lシステイン

Nアセチルシステイン

どちらも二日酔い防止におすすめの成分ですがどちらが良いかと言うと断トツNアセチルシステインです。分解スピードが違います。

ちょっとここで二日酔いのメカニズムをご説明します

アルコールは肝臓で2つのステップを経て分解されます。

まずアルコールが分解されると「アセトアルデヒド」という物質が発生します。
これは有害物質です。
これが第一段階の分解です。

次に「アセトアルデヒド」が分解され無害化されます。
これが第2段階の分解です。
これでアルコールは完全に分解されます。

肝臓機能を超えたアルコールを飲むと
最後まで、完全にアセトアルデヒドが分解されず
血液中に溶け込みます。

血液中のアセトアルデヒド濃度が高くなると典型的な二日酔いの症状
頭痛・吐き気・発汗などが起こります。

つまり
このアセトアルデヒドが二日酔いの原因なのです。

ウコンや肝臓エキスを飲むと肝臓機能が高まり、第一段階のアセトアルデヒドへの分解までは頑張ってくれます。ですがウコンや肝臓エキスは直接アセトアルデヒド分解する能力はありません。

一方、肝臓のアセトアルデヒドの分解能力には限界があります。

そこで登場するのがアセトアルデヒドを肝臓に代わって分解してくれる成分です。

二日酔いの原因物質「アセトアルデヒド」を肝臓に代わり、分解してくれるのがシステインという成分です。

システインを摂取すると体内でNアセチルシステインに変化します。
Nアセチルシステインはアセトアルデヒドを捕まえ分解してくれます。

つまり
二日酔いの原因物質「アセトアルデヒド」を分解してくれるのはNアセチルシステインなのです。

そして、システインを摂取するよりNアセチルシステインを直接摂取した方がアセトアルデヒドの分解スピードは速い。
という事もお判りいただけましたでしょうか?

Nアセチルシステインを、お酒を飲む前に摂取する事により、肝臓をフル稼働させずに済む。

その結果、肝臓の健康にも良いという訳です。

ページの先頭へ