メイン画像

メイン画像

二日酔いの症状

激しい頭痛やめまい、吐き気など、ついつい楽しい席で飲酒量が過ぎてしまうと、後で辛い思いをしますね。

二日酔い症状は、アルコールを代謝する過程でできてしまう有害物質アセトアルデヒドが血液中にたくさん残っていることが原因で起こります。

また、アルコールを代謝する際に大量の水分が消費され、脳を保護する髄液が減少する低髄液圧症候群となり、頭痛を感じることもあると言われています。

ところで、二日酔いの症状には他にどんなものがあるのでしょうか、早速調べてみました。

二日酔いの症状とは?

症状にはさまざまなものがあります。

①吐き気
毒素 アセトアルデヒドによる吐き気
消化不全
胃酸過多による吐き気
脱水症状による吐き気

②頭痛
血管拡張による頭痛
脱水症状による頭痛
アセトアルデヒドによる頭痛

③胸焼け
胃酸過多による胸焼け

④のどの渇き
脱水症状による喉の渇き

⑤脱力感
アルコールの利尿作用による脱力感

以上のようなものが、一般的な二日酔い症状です。

ここで、日常生活でできる簡単な「二日酔い予防法」をご紹介します。

お酒を飲む前に肝機能をサポートするサプリメントや食品を摂取

  • ウコンなどのサプリメントは、肝臓でアルコール代謝機能を高めると言われていますが、その後で体内で発生する毒素アセトアルデヒドの分解を促す働きをする
    N-アセチルシステインをお酒を飲む前に飲んでおくのも、効果的です。
  • 二日酔いを防ぐおつまみを選んで食べる
    枝豆、ジャガイモ、青菜にはビタミンCが豊富に含まれ、悪酔いや二日酔いを和らげる作用があります。また、オクラなどのネバネバ食材には、胃や腸の粘膜を保護するムチンが含まれています。その他、梅干しやゴマ、しじみ、味噌汁も有効な食材です。
  • 水分補給をする
  • 果物を食べる

などがあげられます。

二日酔いにならないように、日ごろからビタミン群を摂取して強い体をつくろう!

二日酔いになりやすい原因として、加齢や食生活の乱れ、肝臓の機能の原因があげられます。

健康でないと、お酒で酔いやすくなり、特にアルコールを分解する肝臓の働きが弱くなると、二日酔いになりやすくなります。

お酒を飲まれる方は、肝臓をしっかり健康に保ち、健康的な生活を心がけることが大切です。

もちろん、胃腸も同様に健康管理をする必要があります。

胃腸や肝臓を強化するには日頃の食生活を整えることが大切。

特に、野菜や果物に含まれるビタミン群は、肝臓のみならず胃腸やその他の臓器、血液循環をサポートしている必須栄養素。効率的に十分に補給していきたいものです。

また、乳酸菌や酵素もそれら栄養素を体に吸収させる上で、併せて補うことも大切です。

ページの先頭へ